日常

2013年11月 6日 (水)

静岡から応援団(?)が。

静岡から青年会議所の皆さんが遊びに来てくれました。

うわさの牛重もしっかり食されて、「今半と変わらない!」という感想を残されてました。

その後は大人の社会科見学に行かれたようです。

Photo

政治に関心ある方だけでなく、建築やインテリア等の観点でも国会は本当に見どころ満載です。

皆さんもぜひ気軽に寄ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

GQ Japanがサイトでも紹介!

GQ Japanの記事、サイト にも載せてくれました。

こちらのがだいぶ読みやすいですね。

「木を切って組み立てて担いで、最後に神輿に乗せてもらった」:小池政就(38歳、みんなの党・元大学院特任助教)──「私が政治家になった理由」

(GQ Japanより)

この座右の銘が、安倍首相の所信演説にも使われてしまいました。。

組織に頼った自民党かつ世襲の政治家には、この精神は流れてないと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

シモンズカレッジの皆さんが来訪!

ボストンのシモンズカレッジという、大学院の教授と学生(ビジネス経験者)たちがJapan Tripの一環として小池の議員会館に寄ってくれました。

実はおばがJWLI(Japanese Women’s Leadership Initiative)プロジェクトの日本の代表として、今回はTripのコーディネーターとして紹介してくれました。

多様な文化の方々と英語で久々に話す貴重な機会でした!

Img_0586

ちなみに彼女達は「女性の活躍」をテーマに調査していまして、良い機会と思い私も国会での女性の構成を確認しました。

すると、、、

昨年当選した衆議院議員では たったの  7.9%  しか女性議員がいないんですね。

「アラブの春」を起こした中東の国々でも 平均14%! いることを考えると確かに少ないですね。。

ちなみにみんなの党の女性議員はゼロです。。。

やはり、荒野を切り拓く過酷な選挙戦を強いられるからでしょうか。。。

とにかく女性の力はまだまだ発掘しなければなりません。

Img_0604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

GQ Japanに掲載!

GQ Japan 4月号に掲載して頂きました。

なんと表紙はアカデミー賞受賞監督のベン・アフレックというファッション誌です。

選挙への経緯等うまくまとめて頂いています。

市議選の応援の合間の取材でしたので、普段着といってもいつも国会にいるような格好での撮影でした。。

でもやっぱりイメージ戦略も大事ですね。。

201302251

201302252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

その道の先へ

新年明けましておめでとうございます。

昨年は皆さまに大いなる力を頂き、新たな舞台で働かせて頂けるようになりました。

重い責任を背負い、静岡、日本そして世界の未来の為にも全力を尽くしていきます。

思えば10年以上前に自らの人生を懸ける「場」として政治を志しましたが、あの時には思いもしない道を歩んできました。

ただ目標に対しての必要な手段を自分なりに模索しながら精進を重ねてきたつもりです。

間近に迫る国難を乗り越え「安全で再発展する日本を取り戻す」という目標の為に、時には未開の道を拓いてきました。

そしてこの衆議院議員としての役職も、まだ遠い遠い先の目標への手段の一環でしかありません。


"Winding Road" という曲に好きなフレーズがあります。

振り返れば ただまっすぐに伸びていた 今日までを辿る足跡

またSteve Jobsの名スピーチの締めくくりにも、

行く先の見えない荒野の写真
 がでてきます。

そこから Stay Hungry. Stay Foolish. という彼が学生たちに残したメッセージが紹介されます。


私自身、これからもそうあれるよう前に進んで行きたいと思います。

またそのような姿を後輩世代に見せていきたいと思っています。

そして、日本自体がそのようになれるように力を尽くしていきます。

さあ行ってきます。まだまだこれからです!!

121226_blog
(左: 2012年12月26日 初登院時  右: 2003年8月28日 一時帰国時)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

心の健康のために

静岡はご存知、健康寿命日本一の地域です。

同時に緑茶とミカンの消費が日本一で、その両方からの抗酸化作用が老化防止にも役立っています。

加えてノーベル賞を受賞したIPS細胞が普及したらいったい寿命はどこまで伸びるのでしょうか??

一方で多くの方々がまだ不安を抱え、心身ともに健康とはいえない状況です。特に良く聞くのは、「自分はいいけど子や孫の将来が心配でたまらない」 という声です。

確かに多くの課題が将来に山積みで、次の世代が中心となる20~30年後には影響が更に悪化する可能性が高いです。

警鐘は鳴り続けていますが、これまでの経験が過信となった政治で目に見えない津波が更に高まっています。

忘れた頃必ずやってくる危機へ今こそ世代が一丸となって取り組まなければなりません。

1210figure3
   記憶の減衰の法則性 (畑村洋太郎『未曽有と想定外』より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

「いい国」号 快走中!

最近静岡の街を走り回る、いい国ナンバーの車、皆さんお見かけしましたでしょうか?

実は何と!こちらの車、

てんぷら油で走っているんです!

使用済みのてんぷら油を再利用することにより、大気汚染や水質汚染を防ぎます

また軽油に比べて温暖化に影響する二酸化炭素の排出削減効果があります。

更に、排気ガスも軽油と比べて黒鉛が1/3~1/6になるため、酸性雨などの原因になる硫黄酸化物はほとんど排出されないんです。

資源も節約し環境にも優しい「いい国」号、見かけたら是非声をかけて下さい!

朝は元気な若い衆が、夕方はぐったりした若い衆が乗ってます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

事務所開き、行いました!

4月9日月曜日、これまでお世話になった多くの方々にお集まり頂き、無事事務所開きを行う事ができました。

138_2

平日の昼間にも関わらず、本当に多くの方が詰めかけ、司会の遠藤行洋県議のおっしゃるように、出陣式のような雰囲気となりました。

私からのメッセージは、
「政治に、日本に自立心を取り戻し、そこから現在の依存やばらまきの政治構造を変えていこう。そのためにまず、自らが自立した政治家を目指す。」
ということです。

初心忘れべからず。

今後も本末転倒にならぬよう常に気をつけながら前進していきます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

対話を続けています!

寒くなってきましたね。

最近は街頭活動だけでなく、学校や団体の集まりなどにも呼ばれてお話や講義をさせて頂いてます。

対象も中学生~人生の大先輩まで、地域も静岡市から県内までと幅広いです。

Takamatsu(高松中学校にて)

内容は、今まで就いてきた色んな職業の話だったり、これからのエネルギー問題についてだったりします。

1107shimizu(しみずみらい会議にて)

学生みんなが作業着を着た専門学校で講義もしたりと、これまでとはかなり多様な状況で驚いたりワクワクしたりしています。

その中でも、まずは相手に伝わらなければ理解されなければ意味が無いので、異なる場面によって皆さんに関心を持ってもらえるよう気をつけています。

先輩方にはビジョンと意志を伝え、後輩たちには責任感を噛み締めながら、でも楽しく話しています。

「政治家って何が楽しいですか。」

という素朴な質問には自分も考える機会を与えてもらえます。

選挙権も無い彼らが社会に出るまでに、希望が持てる社会にするのは自分達世代の役割です。

もっともっと毎日頑張ります。

叱咤、励まし、ご指導、もっともっとお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

街頭活動にて(生活保護と年金)

ようやく寒くなってきました。
毎朝いつも通り街頭活動、清掃活動続けている中、皆さん背を丸めて通勤されてます。

皆さんに声をかけて頂くことも多くなりました。

今朝は62歳の男性の方から切実な声を頂きました。
生活保護を打ち切られ、年金の繰上げ請求をするように指導されたとの事です。

調べたところ、繰り上げ請求は60歳から可能ですが給付額は減額され、それが一生続くことになります。(日本年金機構より)

そのため、通常通りの65歳で給付を受け取る場合に比べ、最短で76歳には累計給付額が逆転し、その後は歳を取るほどずっと差が開いていくことになってしまいます。

これから給付開始が更に延びる場合、繰り上げ請求時の減額は更に大きくなるように思えます。

また、そもそも生活保護に頼っていた人が年金を支払っていたのかも心配になります。
就業機会の拡大も進まない、この景況では進められない中で、高齢になるほど弱い立場の人たちが厳しい社会になっています。

一方で、生活保護の受給者が205万人を超え、保護費総額が年3.4兆円と政府負担も大きくなっています。そこには本来働ける若者が意欲を失っていることも影響しています。

そして、結局は勤労者の所得税が引き上げられ、将来世代にもツケが回る。。

「頑張っても無駄だ」
「正直者がバカをみる」
「年寄りに厳しい」
「子供たちには負担と危険が押し付けられる」


そんな社会が広がり始めています。

正直既に遅いかも知れませんが、一縷の望みに託して今のしくみを一つ一つ改めていく、その作業に全力を尽くします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)