« 2016年11月 | トップページ | 2018年4月 »

2017年9月

2017年9月19日 (火)

いま、歴史教育を見直すとき

今回は、この夏に感じた歴史教育についての寄稿です。

---
いま、歴史教育を見直すとき

〜影響は個人だけでなく国益の棄損へ



終戦の日を迎えた今年も先の大戦を回想するテレビ番組が流れましたが、年々少なくなっているようにも感じます。

 あれから70年超が経ち私たちの周りにも戦争を経験した世代が減る中、社会としても記憶が薄れつつあります。

 なおさら教育を通しての継承が求められるはずですが、この国では歴史教育の量も少なく、特に近現代史については学校ではほとんど教えられていませんでした。 皆さんの学生時代はいかがでしたでしょうか?

 これは「歴史」が受験科目の一つとして、決まった解答を暗記するという指導方針の下、議論が分かれるような内容は避けてきた結果でもあります。 しかし果たしてそれでいいのでしょうか。

 私は以下の深刻な影響を鑑みて、歴史教育の見直しを訴えます。



1. 外交力の低下が領土の収奪や更なる国民負担増へ

 歴史への知識不足や偏った理解では他国との交渉も優位には進まず、何より世論が付いて来なければ日本に正当性のある領土も守ることが出来ず、更には過去に決着したはずの合意ですら翻されてしまいます。  北方四島や竹島、尖閣諸島等の領土、日韓合意の現状を見れば明らかです。



2. 自国の文化や伝統をいつの間にか失っていく

 近現代においても日本の歴史には日本古来の民間習俗や宗教心、公共心等が密接に関係しています。 それらを自ら理解する事無く、また他国から全否定されて塗替えされれば文化も伝統も失います。



3. 未来を見通す力はつかない

 「過去に目を閉ざす者は現在にも盲目となる」とも言われるように、過去を知らなければなぜ現在がこうなっているのか分かりません。 特に現在に最も関連のある近現代史を知らなければ現状を理解することは出来ず、現在も分からなければ当然未来を見通す力もつきません。

このぽっかり知識の空いた期間が若くなる程広がっており、親としても心配は募ります。

 教育無償化と共に歴史教育の改善を進めてまいります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

体質を変えるために(会報9月-1)

最近こちらのブログではご無沙汰しておりますが、実は地元では毎日の街宣活動中にチラシを更新して配っております。

これからはここでもその内容を発信してまいります。

ということで、以下は9月第一号の会報よりです。 

-------
「政治の体質を変えるために」 

結局これまでの体質はそのまま?

〜納税者の不信感は広がっている〜 

北朝鮮のミサイル実験や核兵器開発が進む中、国内では残念ながら与野党共に政治家の不祥事が相次いでいます。

マスコミの注目度が高いのは不倫や秘書暴行でして、その影で従来の「政治とカネ」にまつわる深刻な問題が埋もれつつあります。

  • 鈴木五輪相 約1600万円の使途不明支出
  • 茂木経済相 手帖配布+違法性献金疑惑
  • 神戸市議 政務活動費架空請求疑惑
  • 安倍総理+昭恵夫人 森友学園・加計学園への不明瞭な優遇

どれも自民党の旧い体質が改めて示されましたものです。

 特に残念なのは政治家が若くなっても同様な点で、ここ静岡でも若手県議による政務活動費の架空請求が発覚しました。

 しかしその後は世論の関心の収まりと共に過ぎてしまい、主な仕組みや体質は変わらず続いてしまっています。 税金の私物化が続いて良いのでしょうか?

 更に現在は議員年金復活の動きも静岡市議会をはじめとして全国的に広がっており、導入されれば国民負担が年間200億円、最低50年続くとして約1兆円もの負担が上乗せされます。

 これは地方議員のなり手不足への対策との事ですが、その因果関係も曖昧であり、百歩譲っても状況が深刻な町村議会以外に一律広げるべきではありません。
 議員は公務員と異なり兼業も認められている訳ですから、なるべく他で働いていても続けられる環境創りの方が大事です。

 また何より、自分達を支えてくれている納税者の負担を下げるという覚悟がいま問われているのではないでしょうか。

 その覚悟と実績が浸透しているからこそ関西で維新が根強い人気を誇っており、9月末の大阪府堺市長選では自民・民進・共産・社民の連合軍と正面から対決しています。

 不倫や秘書への暴行等、インパクトの大きい倫理的な問題に隠れてはいますが、これまでの忖度(そんたく)の政治や自分ファーストな政治の体質を変える必要性は今高まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2018年4月 »