« 国家公務員の給与とボーナス引き上げが三年連続、25年ぶり! | トップページ | いま、歴史教育を見直すとき »

2017年9月17日 (日)

体質を変えるために(会報9月-1)

最近こちらのブログではご無沙汰しておりますが、実は地元では毎日の街宣活動中にチラシを更新して配っております。

これからはここでもその内容を発信してまいります。

ということで、以下は9月第一号の会報よりです。 

-------
「政治の体質を変えるために」 

結局これまでの体質はそのまま?

〜納税者の不信感は広がっている〜 

北朝鮮のミサイル実験や核兵器開発が進む中、国内では残念ながら与野党共に政治家の不祥事が相次いでいます。

マスコミの注目度が高いのは不倫や秘書暴行でして、その影で従来の「政治とカネ」にまつわる深刻な問題が埋もれつつあります。

  • 鈴木五輪相 約1600万円の使途不明支出
  • 茂木経済相 手帖配布+違法性献金疑惑
  • 神戸市議 政務活動費架空請求疑惑
  • 安倍総理+昭恵夫人 森友学園・加計学園への不明瞭な優遇

どれも自民党の旧い体質が改めて示されましたものです。

 特に残念なのは政治家が若くなっても同様な点で、ここ静岡でも若手県議による政務活動費の架空請求が発覚しました。

 しかしその後は世論の関心の収まりと共に過ぎてしまい、主な仕組みや体質は変わらず続いてしまっています。 税金の私物化が続いて良いのでしょうか?

 更に現在は議員年金復活の動きも静岡市議会をはじめとして全国的に広がっており、導入されれば国民負担が年間200億円、最低50年続くとして約1兆円もの負担が上乗せされます。

 これは地方議員のなり手不足への対策との事ですが、その因果関係も曖昧であり、百歩譲っても状況が深刻な町村議会以外に一律広げるべきではありません。
 議員は公務員と異なり兼業も認められている訳ですから、なるべく他で働いていても続けられる環境創りの方が大事です。

 また何より、自分達を支えてくれている納税者の負担を下げるという覚悟がいま問われているのではないでしょうか。

 その覚悟と実績が浸透しているからこそ関西で維新が根強い人気を誇っており、9月末の大阪府堺市長選では自民・民進・共産・社民の連合軍と正面から対決しています。

 不倫や秘書への暴行等、インパクトの大きい倫理的な問題に隠れてはいますが、これまでの忖度(そんたく)の政治や自分ファーストな政治の体質を変える必要性は今高まっています。

|

« 国家公務員の給与とボーナス引き上げが三年連続、25年ぶり! | トップページ | いま、歴史教育を見直すとき »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/65800656

この記事へのトラックバック一覧です: 体質を変えるために(会報9月-1):

« 国家公務員の給与とボーナス引き上げが三年連続、25年ぶり! | トップページ | いま、歴史教育を見直すとき »