« 「野党がまともに」 | トップページ | 親子の断絶を無くしたい »

2016年10月29日 (土)

TPPの審議も最終盤: 政局に左右され議論は深まらず

TPPの審議が国会でいよいよ大詰めを迎えています。

しかし、中身の審議はほとんど行われず政局に左右されてしまっているのが非常に残念です。 これでは日本の経済に、そして私たちの生活にどのような影響があるか見えないまま進められてしまいます。 

今のニュースで取り上げられるのも、民進・共産党の委員が審議を拒否して委員会室を出ていく場面でありますが、肝心の中身は私たちに伝わっていないのではないでしょうか。 

そもそも現在では賛成する自民党も、反対する民進党も数年前には全く逆の方針を主張していて、なぜ方針を転換したのかしっかりした説明がなされていません。

当時TPP交渉に参加したのは民主党で、それを反対していたのは自民党でした。 それぞれ「立場が変われば主張も変わる」、と開き直っているのでしょうか。 残念なのは巻き込まれる私たち国民です。

尚、私たち維新はこれまでも一貫してブレることなく経済連携を推進しています。

国境を超えた経済の連携の動きは止めることが出来ず、国内の市場も縮小する日本は積極的にその仕組みづくりをリードしていくべきであります。

これからは特に優秀な人材やおカネの流れを呼び込む事が国際的に競われており、守りから攻めの姿勢への転換が求められています。 そしてそれらの交流や連携が地域の発展や平和に繋がります。

実は私自身も昔からその方針を貫いていまして、10年以上前には本も出版しています。
51wepdk1dtl

それだけに、以下のような本旨ではない焦点や守り一辺倒の姿勢は残念であり、本来は経済連携を踏まえた日本の産業や農業のあり方を議論すべきです。

日本の未来にとって大事なところ、決してブレずに頑張ります!

|

« 「野党がまともに」 | トップページ | 親子の断絶を無くしたい »

外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/64415485

この記事へのトラックバック一覧です: TPPの審議も最終盤: 政局に左右され議論は深まらず:

« 「野党がまともに」 | トップページ | 親子の断絶を無くしたい »