« 2016年スタート! | トップページ | 「池田の森」が国交大臣賞に! »

2016年1月23日 (土)

不妊治療への政府助成は拡充ではない

街頭で声をかけて頂いた男性から、「小池さんの不妊治療への取り組み感謝しています」と有り難い言葉を頂きました。

当選時から、厚労省内で不妊治療への助成を40歳で打ち切りにするという動きを聞き、現場の声を届けてきました。

静岡の病院の先生からもお声を聞き、また私自身の同世代の夫婦がその負担に悩んでいることを感じ、政府の方針を注視していたところです。

しかし残念ながら、期待される声にはまだ応えられていない状況が続いています。

新聞でもあるように補正予算の成立で「初回の助成費用が倍になる」というあたかも拡充路線にみえる裏で、四月からは43歳以上は助成対象外とし助成回数も大幅に削減されてしまいます。

これまで一回15万円を上限に助成し、回数の上限は十回でした。それが四月以降は妻の年齢に応じて三~六回が上限となります。

確かに財政面や効率面での考慮もありますが、高齢者に三万円を単発で配り、おかしな試算に基づく公務員給与の引き上げの一方で、子育て給付金は廃止、不妊助成も縮小と、世代間や官民での不公平さがさらに開きつつあります。

「女性の活用」や「出生率1.8」とか謳うならば、目を向けるべき所はまだありますし、「財政が。。」というのならばせめて妊産期の教育等出来ることはあるはずです。

子どもは国の宝としてだけでなく、当然親にとっても幸せをもたらしてくれる貴重な存在でもあります。

晩婚化し、共働きが増え、女性の社会進出が望まれる中、子どもを授かれないことに悩む夫婦がこれ以上増えないことを祈りつつ、自分も頑張ります。

(参考)

|

« 2016年スタート! | トップページ | 「池田の森」が国交大臣賞に! »

社会保障」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/63107608

この記事へのトラックバック一覧です: 不妊治療への政府助成は拡充ではない:

« 2016年スタート! | トップページ | 「池田の森」が国交大臣賞に! »