« 通常国会スタートは予算委員会から | トップページ | 精神科医療のありかた(「うつ」の診断と薬剤投与) »

2014年2月 6日 (木)

司法試験制度がまた変わります。

朝から法案の説明会です。

 

その中で、これまで注目していた司法試験制度の変更があります。

 

法科大学院修了後5年間で3回しか受ける資格のなかったものが、今度は5年間で5回受けられることになります。

 

その際微妙なのが、法律の施行時(2014年秋の予定)に法科大学院修了後5年以内で既に3回受験した場合です。

 

確認したところ、

 

● 2014年までに連続3回受験した場合は、2015年以降残り2回受験可

 

● 2013年までに連続3回受験した場合は、2015年に残り1回受験可(2014年は受けられず)

 

ということになります。

 

単純にチャンスが増えたのはいいものの、公平性の面や合格率がどうなるか等、受験生はまた振り回されることにはなります。

 

ちなみにこの制度改正により過去の受験者で救われるのは、

 

今年が大学院修了4年目で昨年までに既に3回受験した人たちのみ、

 

となります。

 

その前の人たちは到底納得できないのではないでしょうか。

|

« 通常国会スタートは予算委員会から | トップページ | 精神科医療のありかた(「うつ」の診断と薬剤投与) »

政治」カテゴリの記事

コメント

再チャレンジが泣く結果ですね。政治家は、あくまで声のでかい、票になる「弱者」には配慮するに過ぎず、こういう失政、明らかな制度構築の失敗による少数の犠牲者は、政治家や官僚にとっては向き合いたくない対象であり、このまま歴史上存在しなかったことにされてしまうのでしょう。そうしたなか、質問主意書まで出して、問題と向き合ってくださった先生に感謝です。

投稿: 残念です | 2014年2月18日 (火) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/59080899

この記事へのトラックバック一覧です: 司法試験制度がまた変わります。:

« 通常国会スタートは予算委員会から | トップページ | 精神科医療のありかた(「うつ」の診断と薬剤投与) »