« 静岡から応援団(?)が。 | トップページ | いよいよ臨時国会での論戦開始! »

2013年11月 7日 (木)

今後の港湾のあり方は。

国会開会中は、朝一で外部の方との会議も入ってきます。

先日は、東海地区の港湾協議会に参加。

地区の港湾を有する自治体や省庁、国会議員との意見交換の場です。



1376538_10153381066900641_160604522


与党議員がずらっと並ぶ中、野党は自分を含めて数人で、始まってしばらく経つといつの間にか独りでした。


1391851_10153381066535641_384456505


防災対策への要望が中心で、「予算を何とか」「取ってこれるよう頑張ります!」との応酬でした。

場違い感ありありな中、自分が発言したのは以下の点です。

アジア地域や国際的な経済連携が進む中、いかに港湾の競争力を高めるか
○防災ももちろん重要(被災した神戸港は荷物を釜山に持っていかれた)

○かつ電子通関制度や運用面での効率化も重要(国際的な取り組みに日本はいつも遅れる)


港湾は今や民間の運営会社に委託という取り組みも出てきており、広範で効率的で攻めの姿勢が大事だと感じています。

そしてそれら取り組みを支える内外の制度づくりが国の役割だと思いました。

|

« 静岡から応援団(?)が。 | トップページ | いよいよ臨時国会での論戦開始! »

政治」カテゴリの記事

静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/58527424

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の港湾のあり方は。:

« 静岡から応援団(?)が。 | トップページ | いよいよ臨時国会での論戦開始! »