« 政治に翻弄される 司法を目指す人たち | トップページ | 政策や理念は国民に届くのか »

2013年7月27日 (土)

法務関係は成長分野のはず

26日の日経新聞19面の「司法試験合格者削減の意味」という記事に目がとまりました。

先日投稿した、司法試験合格者の就職難を理由にした政府方針の瑕疵を補足してくれています。

「難関の司法試験の合格者は高給を得るのが当然」という常識の下で就職難というのは間違っているという同様の主張です。

一般企業や法務ヘルパーや政府交渉等、本来は法務関係は成長分野でもあります。

供給を制限する護送船団方式は、コメの減反にも共通するような経済的損失になるとの解釈は、その通りだと思います。

国会での関心があまり高くないからこそ、これからも取り組んでいかなければなりません。

|

« 政治に翻弄される 司法を目指す人たち | トップページ | 政策や理念は国民に届くのか »

政治」カテゴリの記事

コメント

こうして、先生が関心を継続して持ってくださることを嬉しく思うとともに、心の支えになっています。
先生もぜひツイッターでの発信をしてくださることを願っています。ブログですと、もともと先生を存じ上げる人しかなかなか読みませんが、Twitterですと、リツイート機能という、読者が見た内容をどんどん伝播させる機能があります。私自身も、先生が質問趣意書に取り組まれたことを、Twitterで拝見して知りました。
三回も書き込んでしまい、申し訳ありません。ご活躍を祈っております。

投稿: 感動しました | 2013年7月27日 (土) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/57871332

この記事へのトラックバック一覧です: 法務関係は成長分野のはず:

« 政治に翻弄される 司法を目指す人たち | トップページ | 政策や理念は国民に届くのか »