« 「補正予算」の課題を痛感 | トップページ | 補正予算が衆議院を通過・・・ »

2013年2月14日 (木)

燃料電池の未来

今日は朝から会議続きです。

まず、ある企業の方と「発電用大型燃料電池」の可能性についてお話しました。

日本でもエネファームがありますが、もっと大型で発電効率も良いとのことです。

アメリカではすでに火力等と同等の電力価格まで下がっています。

Planet Green Central


ただ国内での課題は、やはり燃料となる天然ガス価格が高く、そして設備にかかる補助制度がないことです。

将来的には、発酵メタンガスを利用し、固定価格買い取り制度に乗せるという取り組みも予想されます。

これからのエネルギー源は「これ!」という選択肢はまだ無いですから、とにかく可能性を広げていく取り組みに注目していきます。

|

« 「補正予算」の課題を痛感 | トップページ | 補正予算が衆議院を通過・・・ »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/56764781

この記事へのトラックバック一覧です: 燃料電池の未来:

« 「補正予算」の課題を痛感 | トップページ | 補正予算が衆議院を通過・・・ »