« 燃料電池の未来 | トップページ | 技術は「人災」を凌駕できるか?  小型原発の可能性 »

2013年2月14日 (木)

補正予算が衆議院を通過・・・

その後は、

憲法審査会 を経て、

本会議 でした。

例の問題点山積みの「補正予算」があっさり通ってしまいました。

先週2日、今週2日と半日の計4.5日の審議で衆議院をまさしく通過していきました。。

インフラの維持補修といいながら、老朽化対策は1/4、残りの3/4は新規の公共事業です。

みんなの党はバラマキの中身の修正案まで提出し、今日未明まで他の野党の賛同を募ったものの、惜しくも時間切れとなってしまいました。

ただ修正案の中身は、官が勝手に決めてばらまくのでなく、民間に設備投資を促す制度の導入など、かなり支持を受けていました。

国会に来て初めての法案審議、そして予算でしたが、政策の中身だけでなく決定プロセスへの課題を強く感じています。

|

« 燃料電池の未来 | トップページ | 技術は「人災」を凌駕できるか?  小型原発の可能性 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/56764821

この記事へのトラックバック一覧です: 補正予算が衆議院を通過・・・:

« 燃料電池の未来 | トップページ | 技術は「人災」を凌駕できるか?  小型原発の可能性 »