« 理念ある政治を | トップページ | 国を護るために »

2012年10月18日 (木)

政治が機能するために ①

政権交代前は「一内閣、一大臣」と約束していた民主党政権になって第6番目となる内閣が発足しました。

日本の大きな課題である少子化担当大臣に至っては、政権交代後3年間で第10人目となる大臣です。

果たしてこの内閣、皆さん期待できますか?

顔が変わっても、しくみが変わらなければ結局、「誰がやっても同じ」なんです。

担当分野に精通した大臣が一定期間働くのは当然として、国会答弁から解放する事も必要です。

副総理や副大臣に本来その役割が期待されていますが、日本は大臣が付きっきりで本来の任務を果たせずにいます。

       各国総理・閣僚の議会出席日数1210figure1_2 (日本アカデメイアより)

与野党共に政治主導を目指すからにはこんな所から是正していかなければなりません。

 

|

« 理念ある政治を | トップページ | 国を護るために »

外交」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/55916601

この記事へのトラックバック一覧です: 政治が機能するために ①:

« 理念ある政治を | トップページ | 国を護るために »