« 心の健康のために | トップページ | 江田けんじみんなの党幹事長タウンミーティング@静岡葵区労政会館 »

2012年10月22日 (月)

政治が機能するために ②

1210yukichi(出所: fesh.jp)

有権者が政党を、国会議員を選んでも公約を守られない仕組みを真剣に考える必要があります。

その際にいかに「しがらみ」を断てるか、その手段をいくつか紹介します。

1.企業・団体献金を禁止する

そもそも政党助成金(全体で約320億円)は、企業・団体とのつながりを制限する措置として平成7年から始まったものです。
それにも関わらず自民・民主を含むほとんどの政党は多くの企業・団体に依存しています。

多額の税金が投入されている業界が特定の政党を金と票で支援する構図は、今回もすでに動き出しています。

「7選挙区で自民推薦 県医師連盟、異例の「確約」条件に」

(治療行為や医薬品の「値段」である診療報酬は85%を税金と保険料でまかない、残りを患者が負担します。)

2.同一選挙区での世襲を禁止する

長年培った後援会組織が温存され、政治が「家業」となる事で、既得権益が生まれ新しい血が入るのを妨げます。

3年前に同様の公約を掲げた自民党も、最近は引退議員の後継に子息が次々に名乗りを挙げています。

自民公募に「世襲」ゾロゾロ、議員子息が続々と

これらの手段、聞けば多くの方がもっともと思われますが、実際守るのは非常に難しいです。

そもそも法律でも禁止されておらず、選挙に勝とうと思えば当然今まで通りにしたほうが有利です。

そのため、妥協して当選してきた政治家がほとんどの国会ではあえてこれらをルール化することもできないのです。

ただその結果、自立していない政治家がバラマキを続け、次に挑戦しようとする者たちへの扉を閉ざしています。そしてその依存の体質が日本の社会全体にも広がっています。

「一身独立して一国独立する」

福沢諭吉の言葉を、今こそ政治を志す自分たちが噛みしめる時です。

「しがらみを断つ」と一言でいっても大変困難な日々の中、正直心が折れそうにもなります。

それでも小池まさなりは初心を失わず、目指すべき政策を実行する為にも、まずは日本政治の信を回復する闘いを続けます。

|

« 心の健康のために | トップページ | 江田けんじみんなの党幹事長タウンミーティング@静岡葵区労政会館 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/55950256

この記事へのトラックバック一覧です: 政治が機能するために ②:

« 心の健康のために | トップページ | 江田けんじみんなの党幹事長タウンミーティング@静岡葵区労政会館 »