« 国会開設が「天下の公論」につながっているか | トップページ | 「いい国」号 快走中! »

2012年10月12日 (金)

日米共通の課題

Obama_2(出所: Commssion on Presidential Debate)

計三回(+副大統領討論会)行われる大統領選の討論会では国家的課題について両候補が主張をぶつけ合い、多くの国民が視聴します。

なぜならここでは確実に公約が実行されることを皆知っているからです。

そして一番の議題は日本同様、雇用と財政問題 です。

  • 高止まりする失業率を抑え、新たな雇用をどう創るか 
  • 膨れる社会保障費をどうするか 

等の共通する課題です。

特に失業率はリーマンショック以来、8%を超える水準で高止まりしています。

政府の関与を強めるオバマ大統領と民間活用を主張するロムニー候補、米国には国民が選べる選択肢があります。

増税・バラマキ一辺倒、そして原発問題すら国民には選択肢のない日本政治、今こそ自らで新たな道をつくらなければなりません。

 

|

« 国会開設が「天下の公論」につながっているか | トップページ | 「いい国」号 快走中! »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/55872134

この記事へのトラックバック一覧です: 日米共通の課題:

« 国会開設が「天下の公論」につながっているか | トップページ | 「いい国」号 快走中! »