« [静岡新聞] 民主党分裂を経て | トップページ | 国政の役割とは? »

2012年7月 9日 (月)

[みんなの党メルマガ] 支部長紹介

みんなの党が党員向けに発行しているメルマガに紹介してもらいました。
限られた字数ですが、想いだけシンプルに綴りました。


┏━┓

┃3┃衆議院 静岡1区支部長 小池まさなりより
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━

 静岡県第1区支部長の小池まさなりです。
 静岡県では唯一の衆議院支部長として1年と半年間、孤軍奮闘してきました。
 お隣の神奈川や東京で支部長が次々に誕生し、連携し合っているのを横目で
 見ながら静岡を開拓しています。

 ここ静岡1区は徳川家康のお膝元でもあり県内でも保守的な地域です。
 加えて、県東部出身の自分には同級生も親戚もいない地域ですが、あえてし
 がらみを断ち県都での挑戦を続けています。
 その理由は二つあります。

 一つは政治の実行力を高めることです。
 今の政権、政治家に有権者が諦めてしまっているのは「公約を守らない」も
 しくは「守りたくても実行できない」という体質ではないでしょうか。
 そしてその体質は、これまでの政政治家が自立していないために産まれ
 たものです。
 特定の業界や団体、組合等に票とお金を依存する。結果として選挙後も利害
 で繋がるバラマキ政治が続けられてきました。
 その構造を変える為、有権者と候補者が日本の将来ビジョンや信頼で繋がる
 本当の政治をつくる為に、まずは一身独立した政治家として起つ事を目指し
 続けます。

 もう一つはここから広げたいビジョンがあることです。
 静岡市は人口70万を超える政令指定都市でありながら、太平洋の海岸線から
 標高3000m超の山岳地域までの雄大な自然をかかえています。
 ここにはこれまでの伝統と文化に基づきながらも、食やエネルギーの地産地
 消モデルが実現できる大きな可能性があります。
 浜岡原発に頼らず、かつこれからの成長戦略として静岡発の取り組みを進め
 ます。

 ここ静岡は、企業が全国に展開する際のモニター調査を行う場所としても有
 名です。
 静岡が変われば日本が変わる。
 その想いで今日も走り続けます。

|

« [静岡新聞] 民主党分裂を経て | トップページ | 国政の役割とは? »

政治」カテゴリの記事

静岡」カテゴリの記事

コメント

忙しいけど、正念場では?
名前で検索して最初に出てくるブログの更新、さっぱりだ。いいのんか?
わかりやすい言葉で、何をしたいのか訴えてくれ。
学者の屁理屈は正しいかも?けど大事な一票入れる気にはなれん。
ついったの言葉遣い、心遣いに欠けるなぁと感じることも。短文投稿なんで、真心がないと。特にイベント関係の告知は、冷たい。
個人的には、脱原発して石油なりを燃やして、温暖化進めるのかどうするのか。再生エネルギーなんて現実的ではない。
小池次男、がんばれ!支持はしていないが応援はしている。

投稿: | 2012年8月26日 (日) 21時38分

ありがとうございます!
頑張ります。

投稿: 政就 | 2012年8月27日 (月) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/55152263

この記事へのトラックバック一覧です: [みんなの党メルマガ] 支部長紹介:

« [静岡新聞] 民主党分裂を経て | トップページ | 国政の役割とは? »