« 静岡のエネルギー源! (その13)東新田エコフェスタ [と農業問題] | トップページ | みんなの党大会開催! »

2012年2月 1日 (水)

静岡のエネルギー源! (その14)静岡に眠る再生可能エネルギー

寒いはずの冬でも静岡の日中は暖かい!

 

街頭活動しながら、自転車に乗りながら毎日実感しています。

ちなみに発電用では、静岡市の消費量の1割以上の賦存量があるという調査があります。

市内では海岸から城北辺りまで広い地域で有望です。

また風力も同様に1割近くあり、課題はこれらの変動の大きい電力をいかに地域で融通していくかです。

そのためにも小池が取り組む地域のスマートグリッド構想とその前提となる電力の自由化が不可欠です。

 

今回の東電の電力料金引き上げでも、消費者は選択肢がない中で一方的にコスト高を押し付けられて大変困っています。

更に、今回の電力料金値上げは既に昨年から引き上げられている燃料費調整分に加えられるもので、合計で30%を超える値上げになる可能性もあります。

日本が世界でも電力自由化が進められていない最後の国になりつつある中、地産のエネルギーを活かし安全な地域をつくる、その道筋を政治がつくらなければなりません。

みんなの党はどこよりも早く、震災の一ヶ月後には既に電力自由化を含んだ電力再生アジェンダを発表しています。

あとは実行あるのみです。

|

« 静岡のエネルギー源! (その13)東新田エコフェスタ [と農業問題] | トップページ | みんなの党大会開催! »

コメント

読んでます♪毎日^^

投稿: | 2012年2月 2日 (木) 08時19分

ありがとうございます!
今晩も頑張ります

投稿: 政 | 2012年2月 2日 (木) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡のエネルギー源! (その14)静岡に眠る再生可能エネルギー:

« 静岡のエネルギー源! (その13)東新田エコフェスタ [と農業問題] | トップページ | みんなの党大会開催! »