« 静岡のエネルギー源! (その14)静岡に眠る再生可能エネルギー | トップページ | 50年後の日本 »

2012年2月 4日 (土)

みんなの党大会開催!

既に報道でご覧になった方多いと思いますが、第二回党大会に行ってきました。

国会議員に加え、各地域の衆参支部長、地方議員が集結しました。

120128yp

また昨年同様、元経済企画庁長官の堺屋太一氏よりの来賓のあいさつがありました。

堺屋氏からは「まずは行政改革と道州制から!」と力強い言葉を頂きました。
以下まとめです。
  • みんなの党は戦後初めて、国会でなく国民運動から生まれた誇るべき民主主義の政党。
  • 年末からの離党騒ぎや政局には「政見」がない。
  • 今はそれが求められており、渡辺善美と橋下徹にはある。
  • なぜなら、戦後の2つのコンセプト(一. 軍事小国、経済大国、二. 55年体制下で規格大量生産)が行き詰っている。
  • それを渡辺善美が公務員制度から変えようとしたが、法律を通しても反対にあってしまった。
  • 今は体制や価値観が見直される第三の敗戦状況であり、一は幕末の敗戦、二は太平洋戦の敗戦、そして今回である。
  • 明治維新では版籍奉還、廃藩置県、教育改革を行った。これが今必要である。
  • 公務員が身分になっている現状を変えなければならない。
  • 今年が決戦の年。
  • 人柄の良い人に改革はできない。突破力が必要である。
大会前には、研修会で古賀茂明さんのお話も聞きました。
古賀さんとは経産省退職前にお会いして以来となります。

「改革なき増税はギリシャへの道」
「増税の先は増税」
との教えを頂けました。
また日本の再成長のためには、農業・医療・電力でのしがらみを断つことが再重要であり、支持母体も無い党で父親の地盤を断って闘う自分に大きな勇気を頂きました。
120128koga
元財務省の高橋洋一さんの話も非常に参考になりましたので、別途財政や経済面について併せてまとめます

|

« 静岡のエネルギー源! (その14)静岡に眠る再生可能エネルギー | トップページ | 50年後の日本 »

エネルギー」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/53897340

この記事へのトラックバック一覧です: みんなの党大会開催!:

« 静岡のエネルギー源! (その14)静岡に眠る再生可能エネルギー | トップページ | 50年後の日本 »