« 静岡のエネルギー源!(その7)しおや | トップページ | 静岡のエネルギー源!(その8)藤家虹二ジャズコンサート »

2011年10月10日 (月)

エネルギーの改革進む!!

小池がこれまで一緒に活動してきた仲間・先輩方が以下の大きな動きを創り出しています。

奇しくも10月4日の日本経済新聞に掲載されていました。

  • 太陽電池をサウジと合弁生産

 サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、昭和シェル石油と合弁で2~3年後をめどに太陽電池の現地生産を目指す意向を表明した。サウジでは昭和シェルが協力した同国初の本格的な500キロワットの太陽光発電所が稼働したばかり。また、電力供給増をにらみ将来的には中東の周辺国や、トルコ、欧州、アフリカ諸国などと送電網をつなげて供給・販売することを視野に入れているとのこと。

Saudi  (2010年、サウジにて)

  • 再生エネ普及に繋がる新電力網を開発

 NEC、東京大学、産業技術総合研究所は太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーを導入しやすくする新しい電力網の開発に乗り出す。発電設備と蓄電池、電力用ルーターで構成する電源システムで、数十~数百世帯の必要電力をまかなう仕組みを構築する。新電力網は電力会社の送電線網に負担をかけないのが特徴。3年後の実用化を目指し、新興国での導入も目指す。

 どちらも脱石油・脱原発・日本の経済発展にも繋がる凄い可能性を秘めています。実現する為にも小池の政治力が問われています。働くにはまずは国会へ!皆さんの応援お願いします!

|

« 静岡のエネルギー源!(その7)しおや | トップページ | 静岡のエネルギー源!(その8)藤家虹二ジャズコンサート »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/52951525

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギーの改革進む!!:

« 静岡のエネルギー源!(その7)しおや | トップページ | 静岡のエネルギー源!(その8)藤家虹二ジャズコンサート »