« 大増税路線のはじまり | トップページ | 静岡のエネルギー源(番外編)トンテキ食堂 »

2011年9月 1日 (木)

静岡のエネルギー源!(その2) ベンガルキッチン

元気を頂いているお店の第二弾!紺屋町のベンガルキッチンです。

ベンガル地域(インドの東部とバングラデシュ西部)の料理です。インドカレーとは一味違うスパイスの効いた味わいでした。


 

「ヘルシー&スパイス」のコンセプトどおりで病みつきになってしまう絶妙な味です。

店長さんは国際ことば学院でみっちり勉強されて、日本語もペラペラです。


 

 ちなみに私のおすすめはボリューム満点の「タンドリー丼」!しかもランチタイムはお得なワンコインプライスです。800g程度の「盛」をガッツリ食べて毎日の活動のエネルギー源としています。 

110823bengal

|

« 大増税路線のはじまり | トップページ | 静岡のエネルギー源(番外編)トンテキ食堂 »

静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/52621864

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡のエネルギー源!(その2) ベンガルキッチン:

« 大増税路線のはじまり | トップページ | 静岡のエネルギー源(番外編)トンテキ食堂 »