« 事故の影響続く | トップページ | 被爆に関する情報 党の取り組み »

2011年3月17日 (木)

救助期がまだ続く

被災の状況はまだまだ改善されない中、被災地には雪が降っています。

直接現地で支援ができればいいのですが、今はまだ、プロの支援に任せる時期です。

プロの支援が必要な理由として、阪神淡路大震災を経験したお二方のブログを紹介頂きました。

西宮市議会議員 今村 岳司氏のブログ
http://xdl.jp/diary/index.html#20110313 

内田樹の研究室
http://blog.tatsuru.com/2011/03/13_1020.php

一方で、円高も一気に進んできました。

自粛ムードが広がる中、経済までもが委縮しないよう活気を出してもらいと思います。

--

昨日の募金の結果は

42,089円でした。

尚、うち20,000円は東京の友人から振り込んで頂きました。

本当に皆さんありがとうございます。

私たちもまだ頑張ります。

|

« 事故の影響続く | トップページ | 被爆に関する情報 党の取り組み »

静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/51142064

この記事へのトラックバック一覧です: 救助期がまだ続く:

« 事故の影響続く | トップページ | 被爆に関する情報 党の取り組み »