« できることから | トップページ | 事故の影響続く »

2011年3月15日 (火)

募金週間

本日も普段の街頭活動や挨拶周りの間に、募金活動も行いました。


結果は、

50,176円

でした。

ちなみに13,000円は千円札で、残りは全て硬貨でそこまでいきました。すごい!

党の募金用口座もようやく開設されましたので、ここからすぐに振込みます。


<振込先>
【ゆうちょ銀行】

□ゆうちょ銀行から
みんなの党募金(記号)10070(番号)41711191

□他行から
みんなの党募金(店名)〇〇八(店番)008(種目)普通預金(口座番号)4171119
 ※店名の読みは『ゼロゼロハチ』です。

【りそな銀行】衆議院支店・普通預金
みんなの党募金(店番)328(口座番号)0037635


今日は、車いすで日本一周を目指している武藤孝記さんが朝からお手伝いをして下さいました。

武藤さんは各地の方々と交流をしながら日本を周っていますが、その武藤さんも「静岡の若者は本当に優しくて有望な子が多い!」と太鼓判を押すほど多くの若い人たちが募金に参加してくれました。

中には小学校6年生の女の子や、学校に行く前と後の両方で募金してくれた高校生の集団もいました。

また路上で自分の書を売っているパフォーマーの方も、「売り上げの一部を募金に回すよ」と言って下さいました。また紹介させて頂きます。

--

しかし、今後の日本のエネルギー供給をどうするのか、非常に心配があります。

おそらく原子力の見直しはやむを得ないですが、電力供給の4割を果たして他のどの一次エネルギーで賄えるのか疑問でもあります。

当面その能力があるのはやはり化石燃料ですが、石油は既に量や価格ともに不安定な中、LNGにその矛先が向かいそうです。

ただそうなると、例えば政府が目論む電気自動車の普及を通したCO2排出削減も、電気が結局化石燃料由来になりますので、効果は下がる事になります。

そうした場合でも京都議定書等の国際目標の達成をするには、より多額な財政出動によって排出権の購入が迫られそうです。

今後の東北地方の復興に対する予算とともに、日本の財政にとっては更に重荷が増えることになります。

一方今回の災害で、自衛隊への評価や国際連携の意義についてはその意識が改善されると期待しています。

財政、エネルギー、環境、社会保障、外交、全てが繋がっています。今後落ち着いて長期的な対処の再考が望まれます。

|

« できることから | トップページ | 事故の影響続く »

エネルギー」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/51123089

この記事へのトラックバック一覧です: 募金週間:

« できることから | トップページ | 事故の影響続く »