« 2007年の原油市場と今後の見通し | トップページ | ボストン会議(環境>エネルギー) »

2008年1月27日 (日)

ボストンへ

今年も始まってもう一ヶ月ということで、今一度勢いをつけるために今月のまとめをしてみる。

一月はゼミや論文書き、大学の講義、他学部での発表や授業手伝いといったルーティンの他に、「米新政権の政策調査」にも携わらせてもらっている。

080127cnn (現時点での支持状況。出所はCNN

とりあえずこれまで専門家と呼ばれる人達にヒアリングしたところでは、趨勢としては民主党優勢で、その場合「米中シフトは避けられず、日本にとっての姿勢も厳しくなるだろう」と見られている。前者は米国の方針がどうというより中国がプレゼンスを拡大するのは事実であり、日本はそれを踏まえて考える必要がある。

また後者は「これまで共和党の知日派と呼ばれるような人達との人脈を民主党との間で作ってこれなかったことにも原因がある」、という意見が多かった。このような「定常のネットワーク構築は重要ですよ」、と皆言うのだが大体同席している役所の人は「予算が・・」といった消極的な姿勢で重要性が余り理解されていないように思える。例えば、去年の今頃も政府系機関の委託調査でアメリカにヒアリングに行ったのだが、現地事務所を通して米関係者を紹介してもらえるなどの例は皆無だった。全く何のためにいるのか。

とにかくこれは日本政府の今後の方針をどうするか、という事にも繋がっており一段落着いたら自分でもまとめてみたい。

ちなみに明日からはエネルギー・環境に関する恒例の国際会議で厳寒のボストンMITへ。現地では昔の知り合いも何人かいるので、Samuel Adamsでも飲みながら大いに刺激を受けてこようと思う。

最後にプライベートでは、祖母の92才の誕生日を盛大にお祝いしたのが唯一か。祖母が伊豆に来たときには今のお寺もひどい状態で、相当な苦労があった事はいつも聞いていた。その思いもあり、途中で何度も行われた祖母からの挨拶では涙もあったが、とにかく周りの人達も底抜けに明るくて賑やかな会になった。うちはなぜかこういう時に大量の餅撒きをする習慣があり、老若男女が争って餅に群がる様を見て、給仕さんもびっくりだった。

|

« 2007年の原油市場と今後の見通し | トップページ | ボストン会議(環境>エネルギー) »

外交」カテゴリの記事

コメント

あら、ボストン、MITっすか。いいですね。
唯一リンクが張ってあるのが、サミュエル・アダムスってのがちょっとうけた。民主党系へのネットワーキングについての指摘は、同感。

投稿: けいすけ | 2008年2月 2日 (土) 00時23分

ありがとう,けいすけくん.
やっぱチャールズ川凍ってたよ.

DCとは雰囲気違って,学生の街って感じでした.

投稿: 政 | 2008年2月 2日 (土) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボストンへ:

« 2007年の原油市場と今後の見通し | トップページ | ボストン会議(環境>エネルギー) »