« やや脱力の毎日 | トップページ | 年末は新潟へ »

2006年12月18日 (月)

12月の講義&ノビーの世界

まず大学の講義だが、淡々とこなしているように見せつつも、内情はこれまでのネタが足りずに準備がきつくなってきた。どうやら昨年より一回分ぐらい授業が多いのもあるのだが、さすがに一科目で30回分の授業をやるとするとかなり範囲が広くなってしまう。例えばアメリカ経済で言えば後期だけでも政治構造、地方財政、日米関係、環境・エネルギー政策といった感じ。それでも一応流れ的に繋がっているように見せているつもり

061218_inconvenient_truth (元副大統領アル・ゴアの「不都合な真実」出所:official website)

先週は講義では環境政策について、主に1970年代くらいからの動きを追った。元々は先進国の中でも環境への取り組みが早く積極的だったアメリカなのだが、現在の地球温暖化への取り組みがクローズアップされてイメージは低下している。ただ中をみると意見が割れていて、クリントンは条約に署名したものの当時の上院の反対にあって挫折してしまった。

国連分担金滞納の件もそうだったが、外交上一枚岩といかないケースも多い。特に政府と議会の多数党が異なる場合は顕著である。ただそれを見せることによって対外的な言い訳に使ってたりもするのかな、と勘繰ってしまう。「いや、実は払いたいんだけど議会が厳しくてさ」と責任転嫁できたり。一方そんな手段を日本がやろうとしても相手にされないのは最初のPKO法審議で明らかだった。。ま、アメリカはまた中間選挙で状況が変わってきたので今後取り組みも変わってくるかも知れない。

安保の方は中国・台湾間の有事におけるシュミレーションを皆でやってみる。結果としてやはり日本は動きが取れず、最後には結局[憲法改正してアメリカと一緒に戦う][同盟を破棄されても自衛に徹するか]といった選択を迫られてしまう。一応「周辺事態法」があるからといっても「集団的自衛権」の行使ができるようになるわけでもないだろうし。

この辺は政策上やオペレーション上でも相変わらず議論が進んでいるように思えない(こっそりやっているのかも知れないが)

それと研究関連では最近始まったのが石油関連企業の技術動向調査のお手伝い。

年内は国内の企業を中心に回ってヒアリング。

石油開発はまず最初の権益争いで資本力が物を言う世界であり、その点で弱い国内企業は地質上やや困難な油田でも回収できるような技術強化が求められる。聞いているとやはり中国への脅威が結構深刻になっている。国家をバックにした資本力に加え、今後は技術面でも日本やメジャーを脅かす可能性大である。実際に探鉱できる経験を積めるし、将来的な欧米で研究しているような優秀な人材が戻ってくる環境も整うであろう。この辺は自分も以前に英語の雑誌に載せたが、やはり現場の不安は大きい。

来年には久々にアメリカにも行く予定なんでメジャーの見解も楽しみである。

何しろ自分が海外を目指したきっかけでもある落合信彦の世界を垣間見れるのが嬉しい。今の地味な生活からいっそそちらの世界に飛び込みたいな、という思いも正直高まっていたりする。とにかく、最近停滞してた気分の転換にもなればと思う。(友達の彼女にも注意されたのだが聴いている曲選も良くないのかも。そう言えば一日に何度もミスチルの「しるし」とか平井堅の「瞳を閉じて」とか聞いてた。。一応前向きな曲なんだけど。)

|

« やや脱力の毎日 | トップページ | 年末は新潟へ »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

相変わらず先生としても研究者としても忙しそうですね(>_<)
停滞気味から脱すると寂しくなりますが、
僕を雇えるようになるためにも頑張って下さい!!!
アメリカ土産期待してます☆
くれぐれも体調には気をつけて下さいね♪

投稿: ハマ | 2006年12月19日 (火) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/13111278

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の講義&ノビーの世界:

» ナラティワ [期間限定]
たな ワールド ホームページ ブログ [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 10時42分

« やや脱力の毎日 | トップページ | 年末は新潟へ »