« 講義(アメリカの位置付け&冷戦後の安保) | トップページ | 講義二回分(アメリカの位置付け、内戦、エネルギー) »

2006年4月27日 (木)

CSISシンポジウム

月曜は朝のエネルギーゼミのあと、午後から久々に外部のシンポジウムへ。

ワシントンDCのCSISというシンクタンクと日経の共同開催だった。ソフトパワーで有名なJoseph Nyeや我らが先輩Michael Greenといった日米同盟の立役者が揃っていた。

060427_csis (写真: 第2回 日経・CSIS共催シンポジウム)

感想は・・久々に英語が聞けて嬉しかったのが一つ。しかも1000人ぐらい入ってそうな広い会場がぎっしりで「立ち見かな」と思って所、なぜか偉そうな人が前に案内されていくので付いていったら一緒に二列目の「関係者席」に座らせてもらった。偶然その前に知り合いが座ってたんで声掛けたら「なんつー格好だ」と指摘され、確かに周りは紺のスーツを来た中年の方ばかりで、迷彩服にオレンジのリュックというスタイルはかなり浮いていたよう。

内容は「日米中の今後」がメインテーマで、「日米は良いけどもう少し具体的な戦略を検討しようよ。あと日中の関係が悪いのは米も心配している。日本は靖国にこだわってないで包括的なビジョンを持つ必要があるね。」といったのが大まかなところ。東アジア共同体については「各国のギラついた思惑も考慮するとアメリカの関与が必要だと思うが、日本が頑張ってくれればそれを支援したい。でも頼りないが。」といったニュアンスだった。全体的にそんなに突っ込んだ議論はなかったが、振り返ってみるとやはりGreenは日本の状況や意見を良く理解してるなと感じた。

久々の国際関係の議論は慣れた分野だけに分かりやすい。でも実はもっと面白かったのはその夜にNHKで放映されたサイボーグ技術に関するドキュメント。立花隆氏が映画監督の押井守氏やロボット工学者の川人光男氏、河合隼雄氏との対談を行いながらサイボーグ技術の進歩と人間の変化を説明していたのだが、実に衝撃的だった。前期の授業で少し聞いた、視覚を失った人にメガネに装着したビデオカメラの映像を直接脳に送る、といった装置も実際の使用状況を見てしまった。また更に驚くのは、脳の働きだけでロボットを動かしたりネットワークを経由して遠隔操作が出来たりもしてしまう点だった。

そして最後に行き着くのは軍事化への懸念であり、実際にDARPAが開発しているというリモート・ラット(ネズミの脳を乗っ取りカメラ等を装着する事で好きな所へ操作できる)や兵士のモビル・スーツ化はまた戦争の形態を大きく変えるな、と感じた。行き過ぎじゃないか、とも思ってしまうが彼らにしてみれば「自分達がやらなければ必ず誰かが同じ事を開発する。その方が脅威だ。」という信念というか脅迫感から取り組んでいるようだった。常に戦いは続いてるんだな、と現実を垣間見ることができた。

|

« 講義(アメリカの位置付け&冷戦後の安保) | トップページ | 講義二回分(アメリカの位置付け、内戦、エネルギー) »

安保」カテゴリの記事

コメント

>迷彩服にオレンジのリュック

凄すぎます。想像して笑っちまいました。こっちでもそんなかっこしませんぜ兄貴。

投稿: の | 2006年4月27日 (木) 18時30分

相変わらず場違いな格好をしているんですね(笑)
ナイ教授の話今度是非とも聞かせて欲しいです☆

投稿: ハマ | 2006年4月27日 (木) 23時03分

のり、ハマ君

ありがとう。
最近は昔以上に拍車がかかってフリーターそのものという格好で飛び歩いてるよ。近々また集まろう。

投稿: 政 | 2006年5月 8日 (月) 10時58分

>偉そうな人が前に案内されていくので付いていったら...

すごい勇気!

>こっちでもそんなかっこしませんぜ兄貴。

という「のさんのコメント」にも笑いました。

西側では不思議ではないかもしれないと思いました。女性も、日本のおばちゃんが夏に着ているムームーがワンピースの如く着られていたり、ノージャケ、ノースリーブ当たり前だったり。さすがにムームーはできなかった!東側に行ったら皆スタイリッシュできちんとして見えて、日本に帰ったら、もっときちんとしていた・・・made in china。
サイボーグ技術の義足版の現場を見ました。凄かった。
あっ、はじめまして!コメントしちゃいました。。

投稿: 真 | 2006年5月11日 (木) 02時09分

真さん

コメントありがとうございます!
西側出身なんですね。そういえば昔に西側の人が遊びに来ていて、たまたまDOD関係のシンポに出たときにカルチャーショックを受けていました。「なんてドロドロした世界なんだ」と。気候のせいかやっぱ西側はリベラルなんですかね。

サイボーグの現場、是非聞きたいですね。それこそ軍事革命(RMA)の次の段階でしょうね。

投稿: 政 | 2006年5月13日 (土) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/9782414

この記事へのトラックバック一覧です: CSISシンポジウム:

« 講義(アメリカの位置付け&冷戦後の安保) | トップページ | 講義二回分(アメリカの位置付け、内戦、エネルギー) »