« 10年ぶりのバンコクへ | トップページ | 2年目の講義始まる »

2006年3月30日 (木)

バンコクの会議・・

バンコクから体調ボロボロになって帰国。

理由がいくつか考えられるが、初日に真夜中まで単独行動&部屋が広すぎて嬉しくて全裸でクーラ全開で寝たこと、から急にぐったりきてしまった。しかも帰国してからもゼミ飲みや以前から取り組んでいたエネ庁への研究報告書提出でまさに体力と時間の勝負だった。

しかし学会は非常に有意義で、語るべきものを持っている専門家との議論はこちらの観点も広がっていくようで楽しかった。日本の政治家のトークショーとはわけが違う。エネルギー関連の出席者はほとんどが環境や省エネ対策の研究がほとんどだったが、その中でも外交的な観点を持っている人達も何人かいた。特にMITとBrookings研究所から来ていたアメリカ人は自分と興味も近く、非常に親近感を持てた。Ph.D.に10年かかったというのは聞いていて恐くなったが。。

Garadinner3_1 (写真はなぜか宴会の分のみ。 通常の学会ではあり得ないという怪しさだった。ちなみに当然今回の幹事は日本・・)

Gara_dinner2 (皆さんめちゃ綺麗でスタイル抜群だけどLady Boy・・)

また、日本からも原子力の国際管理を専門にされている方がいて、安全保障の観点からもお話をさせて頂いた。その中でも「外交に技術をどう使うか?」といった非常に鋭い質問が飲みながら出てきて非常に考えさせられた。日本では公共政策大学院で教えるそうなので是非遊びに行ってこようと思う。

10年ぶりのバンコクは開発された中にも昔の活気が残っていた。それにしても日本ではあり得ないだろうな、という街の豪快さと怪しさが良かった。建築基準とか無さそうだし、夜も歌舞伎町をもっと明るくごちゃごちゃにした感じ。看板にはMATSUSHITA(松下)に似たMISUSHITA(ミスした)とか、HATTORI(ハットリ)に似せたHATARI(はったり?)なんてのも普通にあった。

Sirocco (タイの友人と行った高層ビルの屋上のバー。周りは簡単な手すりだけという恐さ。その横に超簡易的なネットがあるのだが、既にビリビリに敗れていてグラスも人も落ち放題。写真は2Bangkok.com)

|

« 10年ぶりのバンコクへ | トップページ | 2年目の講義始まる »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!
色々と収穫があったみたいですね☆
機会あればじっくり話聞かせてください!!!
最後のグラスも人も落ち放題のバー面白そうですね!
今度連れて行ってください♪

投稿: ハマ | 2006年3月31日 (金) 03時08分

ハマ君
ありがとう。体調も復活したんでまたラーメンでも行きましょう。
バンコクのバーは今度行く機会あれば、あえて下の様子も確認してみたいですね。

投稿: 政 | 2006年4月 2日 (日) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/9331932

この記事へのトラックバック一覧です: バンコクの会議・・:

« 10年ぶりのバンコクへ | トップページ | 2年目の講義始まる »