« 講演「日本の民主主義は本物か」 | トップページ | 新しい年とこれから »

2005年12月16日 (金)

講義(日米経済、台湾有事)

今日は早くも今年最後の講義。

相変わらず準備疲れでフラフラしながら学校に到着。昨晩はお世話になっている事務所の忘年会に出席し、その後資料を読み込んで何とか間に合った。ちなみに忘年会では一生懸命食べながらも、「実力」、「実質」、「実績」の重要さという大変貴重な言葉を頂いて帰った。

051215_perry

経済の講義では、まず先週の日米NPO制度についての復習から。生徒に「どうしたら日本に根付くか」、「どんな分野で働きたいか」という点について書いてもらっていた。そこではやはりPRの重要さ、ボランティア精神の普及といった事を挙げてくれていて、分野については子供たちへの教育やスポーツ交流といった方面への興味が多かった。

実は偶然にも昨晩お会いした方が世界の子供交流のNPOパンゲアを運営されており、講義の中でも紹介させてもらった。コンピューター上の絵文字で世界の子供たちを繋げるという、何とも夢のある試みである。特に印象に残ったのは彼がこの事業を始めようと思ったきっかけであり、特に非営利分野ではそのような強烈なモチベーションが大事なのだなと感じた。これまでも色々調べてきたシンクタンク分野についてもきっかけの重要さはよく言われており、アメリカであれだけ活発化したのもやはりベトナム戦争というきっかけがあったからであった。

その後、日米経済について現状と、過去にさかのぼって貿易摩擦とその協議について説明。こうしてみると「ガイアツ」というのは確かに国内の不満の声は大きかったが、結果としてはプラス面も多かったのではと再認識してしまう。昔どこかのアメリカ人が「アメリカの圧力によって日本が市場を開放した中でマイナスの結果は無かっただろう」と言ってたのも思い出した。

授業の最後に今日は感想や質問などを書いてもらった。これまで説明してきた政策決定や財政問題に興味を持ってくれたようなのが嬉しかったし、Merry Christmasといった可愛い挨拶も嬉しかった。(一応仏教徒なのだけど。)

安保の授業では、「台湾有事のシミュレーション」を皆でやってみた。これは下調べに結構気合いを入れたんで自分でも楽しみだった。各国に分かれたグループに選択肢を提示して考えてもらいながら、シナリオがどう進むかということを説明し、それでは各自どのような課題があるかという事を浮き上がらせた。その中では、台湾グループが「独立宣言を撤回していいですか!」と言い出したりと、意外な判断が出てきて面白かった。次の機会があれば各国の軍備等の使用も細かく判断させて、よりリアルにやってみようと思う。講師の同僚からは「またきな臭いことやってますね」と怪しまれてしまったが。

051215_taiwan

とにかく、これまで本当に勉強させてもらった。

|

« 講演「日本の民主主義は本物か」 | トップページ | 新しい年とこれから »

外交」カテゴリの記事

コメント

うける。
で、シミュレーションの結果はどうなったのですか?

投稿: keisuke | 2005年12月17日 (土) 02時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講義(日米経済、台湾有事):

» いざメキシコへ! [Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」 - Penn は剣よりも強し!]
年越しも近づき、多くの人がカウントダウンや年越し蕎麦、おせち料理を楽しみにしているだろうが可哀想な俺は大晦日も正月も一人で勉強して過ごす事が決定。新宿の芹沢が歌舞伎町で飲み倒れている時も、ボストンに遊びに行ってるさちほがカウントダウンで発狂している時も...... [続きを読む]

受信: 2005年12月31日 (土) 12時13分

« 講演「日本の民主主義は本物か」 | トップページ | 新しい年とこれから »