« 技術と国際社会 | トップページ | 講義(公債) »

2005年11月19日 (土)

講義(アメリカの地方債)

昨日も静岡はやっぱり暖かかった。

今回はアメリカの地方債についての講義。これまでアメリカの地方自治から財政面での話をしてきたが、現状の歳入ではやはり賄えないということで債券つまり借金に頼らざるを得ない。そこで債券発行の条件やら種類、市場での流通について説明。最初はアメリカの話から始まるのだが、債券という繋がりで[ライブドアのニッポン放送買収騒動での証券会社の役割][日本の巨額の公債]といった話にまで展開。(やっぱりそちらのが関心が高かった。)

アメリカの地方債の種類としては、期間別、課税別、返済減資別でいくつかに分かれている。そこで重要なのは、非営利的な目的の債券については金利収入が免税となっている点であり、だからこそ民間や家計の保持が日本より圧倒的に多い。また、一般財源(税収)が返済減資となるものは住民投票やらのハードルが高いものの、プロジェクト別のレベニュー債ではそのような障壁がないために発行額が増えている点は日本と似ている。

ちなみに日本では財政法では公共事業以外の債券発行は認めていないものの、特例公債という形で一般財源目的で発行されている債券がひっそりと巨額に上っている。実は1970年代の石油ショックから始まったらしいのだが、今や常態化してしまっている。本当にこれだけ借金が増えてどうするのかと思うが、もう少し構造的に借金増→負担増といったメカニズムを今後見ていこうと思う。

538 

安保の授業では、いよいよ来週に迫ったディベートの準備に皆で取り掛かる。テーマは結局「首相の靖国神社参拝の是非」と「集団的自衛権行使の是非」という二点。学部生ということで基礎知識の面でやや心配もあったが、とりあえず準備段階では結構活発に議論してくれている。留学生も入ってるし、来週の本番が実に待ち遠しい。

|

« 技術と国際社会 | トップページ | 講義(公債) »

経済」カテゴリの記事

コメント

本が出版されたみたいですね。
おめでとうございます。

投稿: keisuke | 2005年11月23日 (水) 09時59分

レベルの高い授業ですね!
大学生として焦ります(汗)

本出版おめでとうございます!
色んなところでアピールしておきますね☆

投稿: ハマ | 2005年11月24日 (木) 17時20分

二人ともありがとう。
まだAmazonでもアップされてないので、その際にまた宣伝しようと思います。講義の方も最近生徒の関心が高まってきたので自分も必死こいて準備してるよ。
是非またきてください。

投稿: 政 | 2005年12月 2日 (金) 03時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/7197860

この記事へのトラックバック一覧です: 講義(アメリカの地方債):

« 技術と国際社会 | トップページ | 講義(公債) »