« 講演「当事者から見た2005年総選挙と日本の政治」 | トップページ | 講義(アメリカ地方財政赤字、日本の安保) »

2005年10月21日 (金)

講義(地方財政、米安保戦略)

毎週驚かされるのだが、東京から箱根の山を越えると急に天気が温暖になる。

という事で、今日も上着が必要ないほどの天気の中、大学へ向かう。途中でアイス食べながら歩いてたら学生に声かけられた。いつもそうなのだが、今日も電車の中はもとより着いてからも授業ぎりぎりまで準備に追われる。

ice051021 (出所:glico.co.jp  美味いが小さいのが玉に瑕。ジャイアントコーンのがmuch better)

とにかく、バタバタと教室に入りながら講義開始。まずは前回の復習としてアメリカの地方自治を軽く説明したあと、連邦政府の役割を巡っての政党間の論争の経緯を説明。現在の民主党の最初の生い立ちは、何とRepublicanという名前であったり、連邦政府の権限についての主張も今とは反対であったりと、結構複雑に推移している。ちなみに最近の両党の傾向は、恐慌後にルーズベルト大統領によって実行されたニューディール政策を巡る所が大きい。一方でアメリカの根底には欧州の中央集権的な社会から逃れてきた人たちの理念が流れており、政府への過度な権力集中がないかと目を光らせている。その後、地方財政について、税収の内訳なども挙げながら日本との比較を行う。アメリカの州には税目や税率を決定する権利が多く与えられている一方で、各州間の財政力を調整する仕組みが無いところは興味深い。地方の自助努力に任せるというのが徹底している。

安保の講義も、今日はアメリカについて。前回に引き続いてブッシュ政権内の政策アクターについて説明。第二期に入ってもチェイニー、ラムズフェルド、ライスといった面子はそのままで、パウエルやウォルフォヴィッツが抜けた影響がどう出ているか興味深い。残りは全体の方針的な話として、NSSNational Security Strategy)やNDSNational Defense Strategy),NMSNational Military Strategy)といった戦略の位置付けを説明。国益というターゲットが明確化され、その為の手段・プロセスが戦略的に練られている事に改めて感心をもってしまう。尚、2つあったディベートのトピックの1つが変わり、「日本の集団的自衛権行使の是非」となった。安保では今さらというテーマだが、一応これからの国会議論でも再燃しそうな事もあり、学生の興味も沸いてきたのかも。

最近は講義中だけでなく、時間外・分野外でも色々相談されるようになって嬉しいところ。ただ大学の指導が甘いせいか、レポートの書き方の基本などについてもいちいち注文しなければならないのはややきつい。

いつも通り腹ペコでぐったりとしながら帰京。今週はまだまだ宿題が多く、かなり地味な週末になりそうな予感。。

|

« 講演「当事者から見た2005年総選挙と日本の政治」 | トップページ | 講義(アメリカ地方財政赤字、日本の安保) »

外交」カテゴリの記事

コメント

どこかに授業のpptをアップしてもらえるとうれしいかも~

投稿: けいすけ | 2005年10月26日 (水) 15時11分

けいすけさん

ありがとう。確かにppt挙げるといいんだろうけど毎回とにかくページと画像が多いんだよね。また、初回なんで結構まとまってなかったりして。
レジュメぐらいだったら今後考えてみます。

投稿: 政 | 2005年11月 7日 (月) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/6503247

この記事へのトラックバック一覧です: 講義(地方財政、米安保戦略):

« 講演「当事者から見た2005年総選挙と日本の政治」 | トップページ | 講義(アメリカ地方財政赤字、日本の安保) »