« Japan Todayの記事 | トップページ | 波崎ウィンドファーム(風力発電) »

2005年9月12日 (月)

与党へのランド・スライドが起こる

選挙結果には驚きの一言。

選挙戦終盤でも確かに与党に対する風は感じていたが、これ程とは予想もできなかった。おかげで苦戦が伝えられていた知り合い3人が当選。しかも一人は比例単独で名簿順位も下位という、普段だったら絶対ありえないケースでの当選。その反面、これからどういう活動をするべきかやや不明な所もある。実際に本人もまさか議席が回ってくるとは思ってなかったのでは。

一方で野党の知り合いは厳しい結果に。元議員はこれからの浪人時代を頑張るしかないと思うが、その周りの秘書さん達の去就も気にかかる。これまでは誰かが落選しても党内での全体のパイが増えればそっちに回ったりしていたようだが。今回はそのパイ自体が縮小してしまい、永田町の狭い世界でしか通用しない人達は不安を抱えていることだろう。そこでいっそ与党に転向してしまうという選択肢も出てくるのだろうか。本当はそのような人達にもこの機会を捉えて自らの実力を養ってもらいたいとも思う。

選挙の傾向としては、更に「政党への投票」という動きが強くなってきた。もちろんマニフェスト効果というのもあるが、選挙区において各候補者の主張が届いていなかったり、候補者間での討論の機会もなく比較できないといった点もあると思う。そうすると、まさに党中央への風次第で各人の主張や資質が吹き飛んでしまうような面もある。イギリスではそこら辺を、選挙区の小ささでカバーしている(つまり候補者と有権者の接点が多い)。日本のような有権者40-50万人の選挙区で、しかも今回のようにわずか数週間前に候補者が決められた選挙区の有権者達にとっては、やはり判断基準は党そのものもしくはそのリーダーしかないのだろう。

|

« Japan Todayの記事 | トップページ | 波崎ウィンドファーム(風力発電) »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与党へのランド・スライドが起こる:

« Japan Todayの記事 | トップページ | 波崎ウィンドファーム(風力発電) »