« ドミンゴ・シアゾン駐日フィリピン大使の講演 | トップページ | 授業(アメリカの通商政策) »

2005年6月30日 (木)

インテリジェンス

今日も今日とて講義の準備。

いよいよもう7月ということで、講義もあと3、4回(正確に把握していない)。

次回の安保の授業は「軍事技術・軍事革命・インテリジェンス」について説明する予定で準備。とりあえず日本語でいうところの「情報」と「インテリジェンス」(分析・評価したもの)の言葉の違いなど、基礎から読み進める。

インテリジェンスのプロが言うには、現在は必要とする情報の95~100%は公刊情報で入手できるが、重要なのはこの過多な情報の処理能力ということ。冷戦時代のKGBも競うようにモスクワに情報を送ったが、そのほとんどが処理されずに捨てられたらしい。

確かに最近の情報アクセスの向上はすごい。ネットさえ繋がればかなりの個人情報も取れるのでは。つい昨日も、10年以上ぶりに地元の友達から急にメールが届き「おぉ?」とたまげてしまう。しかもこのブログも見てくれたとのこと。一応匿名なのに良く分かったなーと関心してしまう。「勉強しなくちゃ」って言ってくれる人もいたり「内容はちんぷんかんぷん」って言われたりもするが、確かに興味の無い人には全く面白くないなとは十分理解。元々自分のノート代わりで使っており、読んでくれてた人がいたとは、嬉しいようで申し訳なくもある。。でも普通の個人的日記や内輪ネタだと単なる自己満足だしな、、とも思うし。

ともかくかなり元気づけられた!

(一方で、情報アクセスの話にもどると、「悪いこと出来んな」という不安も。。)

|

« ドミンゴ・シアゾン駐日フィリピン大使の講演 | トップページ | 授業(アメリカの通商政策) »

安保」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/4767736

この記事へのトラックバック一覧です: インテリジェンス:

« ドミンゴ・シアゾン駐日フィリピン大使の講演 | トップページ | 授業(アメリカの通商政策) »