« 石油価格の決定2 | トップページ | ロビン・サコダ氏の講演(前国務副長官補佐) »

2005年6月 1日 (水)

安保面での劣化を痛感!

今日は東京アメリカンセンターで来日中のロビン・サコダ氏の講演会に出席してきました。

内容については別記しますが、ちょっと気づいた点を忘れないようにメモっときます。

まず英語については、サコダ氏がゆっくり話していたせいもあり何とか理解できました。また内容についても質問・回答ともに普通に聞いて理解できるほどでした。特に情報として目新しいことも無かったように思えます。

しかしながら、今日は最近の日米安保における自分の知識の浅さと分析力の低下を痛感してしましました。DCにいた頃は、スピーカーの主張はある程度前もって調査して、その内容について2歩突っ込んだ議論を目標にしていました。ところが、今日はサコダ氏の主張に対して何とか1歩ぐらい深い疑問しか出てこず、参加者たちの1.5歩深い質問と回答を聞くだけで精一杯でした。。

思えば安保問題に関して、ベーシックな所は授業の準備もあって蓄積しつつあるものの最近の動きや各論への分析が全くというほどおろそかになっていました。しかも情報源は日経や日本の雑誌・TVぐらいで、かなり浅い議論で終わってたように思います。また、かなーり素朴な質疑応答に終始する国会や党内の会議を聞いてて「大丈夫かいな」と思いながら、実は自分が劣化してたことにようやく気づきました。

心を入れ替え、常に目標は高く、そしてハングリーにコツコツ頑張ります。イチローも、「小事の積み重ねの大事さ」っての常に言ってますし。

|

« 石油価格の決定2 | トップページ | ロビン・サコダ氏の講演(前国務副長官補佐) »

安保」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106690/4370871

この記事へのトラックバック一覧です: 安保面での劣化を痛感!:

« 石油価格の決定2 | トップページ | ロビン・サコダ氏の講演(前国務副長官補佐) »