2017年9月19日 (火)

いま、歴史教育を見直すとき

今回は、この夏に感じた歴史教育についての寄稿です。

---
いま、歴史教育を見直すとき

〜影響は個人だけでなく国益の棄損へ



終戦の日を迎えた今年も先の大戦を回想するテレビ番組が流れましたが、年々少なくなっているようにも感じます。

 あれから70年超が経ち私たちの周りにも戦争を経験した世代が減る中、社会としても記憶が薄れつつあります。

 なおさら教育を通しての継承が求められるはずですが、この国では歴史教育の量も少なく、特に近現代史については学校ではほとんど教えられていませんでした。 皆さんの学生時代はいかがでしたでしょうか?

 これは「歴史」が受験科目の一つとして、決まった解答を暗記するという指導方針の下、議論が分かれるような内容は避けてきた結果でもあります。 しかし果たしてそれでいいのでしょうか。

 私は以下の深刻な影響を鑑みて、歴史教育の見直しを訴えます。



1. 外交力の低下が領土の収奪や更なる国民負担増へ

 歴史への知識不足や偏った理解では他国との交渉も優位には進まず、何より世論が付いて来なければ日本に正当性のある領土も守ることが出来ず、更には過去に決着したはずの合意ですら翻されてしまいます。  北方四島や竹島、尖閣諸島等の領土、日韓合意の現状を見れば明らかです。



2. 自国の文化や伝統をいつの間にか失っていく

 近現代においても日本の歴史には日本古来の民間習俗や宗教心、公共心等が密接に関係しています。 それらを自ら理解する事無く、また他国から全否定されて塗替えされれば文化も伝統も失います。



3. 未来を見通す力はつかない

 「過去に目を閉ざす者は現在にも盲目となる」とも言われるように、過去を知らなければなぜ現在がこうなっているのか分かりません。 特に現在に最も関連のある近現代史を知らなければ現状を理解することは出来ず、現在も分からなければ当然未来を見通す力もつきません。

このぽっかり知識の空いた期間が若くなる程広がっており、親としても心配は募ります。

 教育無償化と共に歴史教育の改善を進めてまいります!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

体質を変えるために(会報9月-1)

最近こちらのブログではご無沙汰しておりますが、実は地元では毎日の街宣活動中にチラシを更新して配っております。

これからはここでもその内容を発信してまいります。

ということで、以下は9月第一号の会報よりです。 

-------
「政治の体質を変えるために」 

結局これまでの体質はそのまま?

〜納税者の不信感は広がっている〜 

北朝鮮のミサイル実験や核兵器開発が進む中、国内では残念ながら与野党共に政治家の不祥事が相次いでいます。

マスコミの注目度が高いのは不倫や秘書暴行でして、その影で従来の「政治とカネ」にまつわる深刻な問題が埋もれつつあります。

  • 鈴木五輪相 約1600万円の使途不明支出
  • 茂木経済相 手帖配布+違法性献金疑惑
  • 神戸市議 政務活動費架空請求疑惑
  • 安倍総理+昭恵夫人 森友学園・加計学園への不明瞭な優遇

どれも自民党の旧い体質が改めて示されましたものです。

 特に残念なのは政治家が若くなっても同様な点で、ここ静岡でも若手県議による政務活動費の架空請求が発覚しました。

 しかしその後は世論の関心の収まりと共に過ぎてしまい、主な仕組みや体質は変わらず続いてしまっています。 税金の私物化が続いて良いのでしょうか?

 更に現在は議員年金復活の動きも静岡市議会をはじめとして全国的に広がっており、導入されれば国民負担が年間200億円、最低50年続くとして約1兆円もの負担が上乗せされます。

 これは地方議員のなり手不足への対策との事ですが、その因果関係も曖昧であり、百歩譲っても状況が深刻な町村議会以外に一律広げるべきではありません。
 議員は公務員と異なり兼業も認められている訳ですから、なるべく他で働いていても続けられる環境創りの方が大事です。

 また何より、自分達を支えてくれている納税者の負担を下げるという覚悟がいま問われているのではないでしょうか。

 その覚悟と実績が浸透しているからこそ関西で維新が根強い人気を誇っており、9月末の大阪府堺市長選では自民・民進・共産・社民の連合軍と正面から対決しています。

 不倫や秘書への暴行等、インパクトの大きい倫理的な問題に隠れてはいますが、これまでの忖度(そんたく)の政治や自分ファーストな政治の体質を変える必要性は今高まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

国家公務員の給与とボーナス引き上げが三年連続、25年ぶり!

今年度も国家公務員の給与とボーナス引き上げが決まりました。

国家公務員の給与引き上げ 改正給与法が成立

皆さんはどうでしょうか?

尚、3年連続で両方の引き上げは25年ぶりとの事です。

25年前といえばバブルの時代です。

民間でバブルを感じている人達が今どれだけいるのでしょうか。

併せて特別職の大臣や副大臣も同様に給与が引き上げられています。

この法案は自民・公明の与党だけでなく、民進・社民・自由などの野党もなぜか賛成してあっさり決まりました。まぁ自分たち議員待遇への姿勢と支持母体から想定はされていましたが。

日本維新の会は反対しています。

賛成側の主張は、「労働基本権の一部を制約された中での人事院勧告制度に基づくものだ」、というものですがこの主張もいつも問題が指摘されています。

そもそも、

大赤字だけど身分が保障されている国家公務員給与の基準に、黒字だけどリスクに晒されている民間の大企業の給与を当ててている点

がまず挙げられています。

また細かく言えば、

国家公務員側は部下もいない大量の役職が、民間の経験を重ねた役職と同等に比較されている点

もあります。

そして誰もが思うのが、

国の財政は逼迫して国民負担も増えているいる一方、既に官民の平均所得の差は広がっている中で、方向性が逆なのでは

という点です。

「出された勧告は拒否出来ない」との賛成側の理由も、過去に拒否した事由もあり、その時の背景であった財政の逼迫性も現在はそれより悪化している事からも、建前論に聞こえます。

それに、だったら人事院勧告制度の見直しが必要なのでは、と思うものの賛成側はやる気無し、という状態です。

もちろんこれだけで財政の改善が進むとは思いませんが、負債を増やし税金を受け取る側がまず責任を負う姿勢を示すことが無ければ、常に負担を負わされる民間や次世代の体力も気力も失われていきます。

それに自分達の身分を第一にしながら、どうして旧い産業構造を維持し続ける補助金や規制の見直しを出来るのでしょうか。

この改革路線こそ維新が既存政党とは違う点でもあり、自分がこだわる一つでもあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

既存政治の終わりがそこに

トランプ大統領の誕生は既存政治への不満が一気に出た結果でありました。 

あれだけの無知や人種差別的な発言がありながらも支持を得る事が出来たのはとにかく現状維持より変革を望む層が投票でその意思を示したからに他ありません。

アメリカの場合、それは主に工場等で働く白人労働者層でありました。 努力しても生活は良くならず、一部の投資家や海外の資本に利益が吸い取られてしまう事に不満を募らせ続けていました。

果たしてこの状況は「日本とは違う」と言い切る事が出来るでしょうか。

確かに人種的な対立は日本では顕著でありませんが、不公平な政治の現状に不満を持つ層は確かに存在しています。

それが一般の納税者や若者なのです。

この層が動けば政治や税金の流れは確かに変わりますし、それが示されたのが大阪の結果であり、今は東京がそれに続こうとしています。

他方でその層が大人しければ、特権を抱えた一部の人達が有利な仕組みは変わりません。

現に納税者の生活がどれだけ厳しくても、この期に及んで政治家や行政が自らの待遇を更に良くしようと奔走し、議員年金を復活させようという動きも出てきたり、国家公務員給与は3年連続で引き上げが決定されています。

私たちの近くでも、政治家が県内で最も高い歳費を貰いながら、問題となった政務活動費もずば抜けて高い額を受取り続けています。

市民の負担を減らす為にもまずやるべきことがあるのではないでしょうか?

普通の有権者が地域を、国を、世界を変えつつある中、私たちの静岡からもその潜在力が表に出ることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

親子の断絶を無くしたい

昨晩は離婚や別居に伴い子どもを連れ去られた親御さん達のお話を聞かせて頂きました。

現状は連れ去った親の権限が優先される日本の制度において、片方の親には思った以上に深刻で残酷な状況でした。

一方で子どもにとっても、突然愛していた片方の親(やこちら側の祖父母ももちろん)との関係が断絶されています。

私たちが映画で観るような、離婚後も子どもが両方の親との面会や宿泊を続ける事を当然とする仕組みはこの国には整っていません。

毎年23万組が離婚する中、子どもとの面会交流が出来ていない親はその7割にもなるそうです。

以前の静岡新聞の特集でもあったように最近はこの問題を巡る調停や審判が増加しているようですが、現行の制度における弁護士の対応や司法の判断には多くが落胆しています。

もちろんDV親による子の福祉に反する場合等は考慮すべきですが、子にとっての精神的な影響を最大限配慮すべきです。

そのため、やはり立法での取組みが必要です。

国会でもこの為に親子関係断絶防止法が草案され、提出の準備が進められているようです。これは理念法で強制力もなく、橋下徹さんも府知事時代に訴えた共同親権による問題改善には差がありますが、それでも前進の一歩になるはずです。

現在の政局に左右されず法案が無事通る事を期待します。

最後に、お会いした親御さん達の姿勢には感銘を受けました。

未だに会えない子達への想いを抑えながらも今後自分たちと同じような想いを経験する人を無くすために、努めて冷静にそして前向きに制度の改善に取り組んでおられました。

つい先日逝去された尊敬する友人である鈴木良太郎さんが闘病生活の中おっしゃっていた言葉が思い出されました。

「痛みや苦しみを経験した人ほど人に優しくなれる」

今の非力な自分への歯がゆさも感じつつ、私もこの落選の時期に経験したりお聞きする痛みも苦しみも背負って役に立てるよう頑張ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

TPPの審議も最終盤: 政局に左右され議論は深まらず

TPPの審議が国会でいよいよ大詰めを迎えています。

しかし、中身の審議はほとんど行われず政局に左右されてしまっているのが非常に残念です。 これでは日本の経済に、そして私たちの生活にどのような影響があるか見えないまま進められてしまいます。 

今のニュースで取り上げられるのも、民進・共産党の委員が審議を拒否して委員会室を出ていく場面でありますが、肝心の中身は私たちに伝わっていないのではないでしょうか。 

そもそも現在では賛成する自民党も、反対する民進党も数年前には全く逆の方針を主張していて、なぜ方針を転換したのかしっかりした説明がなされていません。

当時TPP交渉に参加したのは民主党で、それを反対していたのは自民党でした。 それぞれ「立場が変われば主張も変わる」、と開き直っているのでしょうか。 残念なのは巻き込まれる私たち国民です。

尚、私たち維新はこれまでも一貫してブレることなく経済連携を推進しています。

国境を超えた経済の連携の動きは止めることが出来ず、国内の市場も縮小する日本は積極的にその仕組みづくりをリードしていくべきであります。

これからは特に優秀な人材やおカネの流れを呼び込む事が国際的に競われており、守りから攻めの姿勢への転換が求められています。 そしてそれらの交流や連携が地域の発展や平和に繋がります。

実は私自身も昔からその方針を貫いていまして、10年以上前には本も出版しています。
51wepdk1dtl

それだけに、以下のような本旨ではない焦点や守り一辺倒の姿勢は残念であり、本来は経済連携を踏まえた日本の産業や農業のあり方を議論すべきです。

日本の未来にとって大事なところ、決してブレずに頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

「野党がまともに」

昨日の静岡新聞の論壇

14650753_10157580942560641_27528341

普段野党に厳しい屋山太郎氏が、維新の姿勢を評価しています。

一強多弱で他の野党が共闘ありきの反対路線にひた走る中、維新が独自の法律を連発して議論に持ち込む姿勢を示しているのを「(国会に)道理が生まれてきた」とまで記しています。

地道な取り組みがなかなか注目されなくても、このような評価と何より国会の新しい道理が広がる事を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

不正の改善は法律の改正を

小池東京都知事の注目が高い中、国会での審議も始まっています。

しかしご覧の通り、政治家が都合の悪くなる改正はしないのが現状です。

例えば、号泣した野々村議員や舛添さん、山尾民進党前政調会長、最近では富山市議の集団辞職と広がる政治資金の流用の問題についても、全く解決策が示されないどころか、与野党共に後ろめたい思いもあり触れようともしません。

これでは私たちの税金は無駄遣いされ続け、政治への不信感は下がる一方です。 唯一喜ぶのは週刊誌で、スクープによる売上増がこれからも続くのでしょうか。

そこで日本維新の会が以下のような改正案を提出しました。 使途のガイドライン作成と外部調査実施という、当たり前の内容です。

Ishin1_3

他にも日本維新の会は以下のような皆さんの常識では当たり前の法案を提出していますが、議論もされないのが現状です。

◉ 国会議員の二重国籍禁止
◉ 企業や団体による政治活動への献金の禁止

だからこそ、利権ではなく納税者・消費者のために働く日本維新の会が仲間を増やしていく必要がここにあります。

教育や外交への前向きな法案も提出

更に、「政治家が身を正す」だけでなく、社会が良くなる提案も次々に法律として示しています。 例えば以下は教育の無償化を通して機会の平等や経済の発展を促すものです。

Ishin2_2

外交面では、日本の安全保障上問題となる外国人や外国資本による土地の買収を規正する法案も準備しています。 

テレビ中継では「白熱した議論」に見せかけながら何も変えようとしない今までの政治から、法律によって「仕組みを変える」という本来の役割を私たちは今後も貫いていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

電力の需給は着実に改善!  一方、原発コスト増が未来に影を…

ようやく涼しくなって来ましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今年は例年以上に暑い夏が続いて皆さんのご家庭でも冷房を使用する日が多かったのではないでしょうか。

しかしそれでも「電力不足」という声は聞かれませんでした。 電力会社は発電能力の使用率が90%を超える状態を「やや厳しい」と設定していますが,今年はそれを超えることなく震災以降で常に電力が安定して供給できた初めての夏となりました。

9695999993819481e2e39ae4968de2e3e2e (日本経済新聞)

要因としては、下の3つが挙げられます。 震災前に比べて消費者の省エネが進み、供給面でも着実に改善された結果といえます。 またこれからの電力自由化で更に新電力会社による参入が促されれば、供給力の増大も期待できるところです。

9695999993819481e2e39ae4968de2e3e_2 (日本経済新聞)

その状態でも、政府の方針では着々と電力の消費者や新規参入者の負担を増やそうとしています。

福島で事故を起こした原発の廃炉費用等を、これから皆さんのような全国の電力消費者や新電力事業者にも負担させるという案が進められているのです。

事故の責任の所在もあいまいなままに事業者が想定していた以上の費用負担が国民にまわされつつあるのは予想通りでしたが、これが事故リスクを低減しようとする新電力の、皆さんに対する新たな電力の選択肢に対しても足を引っ張るのであれば問題です。

原発事業者はこれまでの利益を自ら積み立てて負担するべきところ、負担ばかりを外部に押し付けるのは非常に不可解です。

小池が国会でもずっと指摘を続けてきた自由化に伴う原発の賠償や処理の費用の負担の仕組みの懸念が悪化しており、結果として弱い立場の消費者や新電力には残念な状態に向かいそうです。

国民負担が増えるのも止めたいし、新規参入者の障壁が増えるのも止めたい、また既存の事業者が過去に執着して未来の大きなチャンスを失うことも改めたい、ともどかしさを抱えながら、小池は走り続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

街頭から思う「野党共闘」

最近の街頭活動中、政策の多岐に亘り質問される方がいて、最後に安保法制に関する議論になりました。


制定のプロセスと法制内の「存立危機」や「密接な他国」の恣意性等には大いに問題があるとの説明には、大きく頷いて頂きました。


その際に同盟との関係でこの記事(安保法制は「廃止」ではなく「見直し」)のような影響に触れて、廃止は問題との説明をしたのですが、


「じゃあ、あなたは憲法より同盟相手の方が大事なんですね」


と言って急に去ってしまいました。


どっちを取るかの二元論でも無いし、同盟への影響は日本の防衛への影響でもあるのですが、そこまでは聞き入れてはもらえません。


また、仮に廃止したとしても、現在のように多数与党が解釈改憲と国会採決で同様の問題のある法案を通してしまうという問題は残ります。


だからこそ、憲法の規定を見直して憲法の解釈や判断は司法がしっかり出来るように体制を整えるべきなのですが、これ自体も憲法改正なので改正に慎重な人たちには聞き入れてはもらえません。


正直、「どうせ野党なんだから細かい説明は省いて何となく合わせていた方がよっぽど楽だろうな」との想いがよぎるものの、この国の未来のために妥協はできないと何とか自らを支えています。


県内の国政関係では独りとなりましたが、全国にはそういう仲間がまだいるのが幸いです。


ただ残念なのは、他の野党でもこれまで同じ理解があるだろうと思っていた人たちがことごとく沈黙を貫くどころか、自らが言う「禁じ手」を甘んじて受け入れながら正当化していることです。


記事の中には以下の記述がありました。


----
私たちが再び、政権の座に就く気がないのなら、できないことを叫んでいればいいのでしょうが、少なくとも私は、もう一度政権与党となり、この国の将来に責任を持ちたいと固く決意をしています。
----


その人たちには今この言葉がどう響くのでしょうか。


ある本では、その中のお一人の格言として「100人の支援者より1人の敵をつくるな」という言葉がありました。


敵をつくることを恐れて大事な事は曖昧にするのが政権への道なのでしょうか。


そしてその政権はこの国の将来に責任を持てるものなのでしょうか。


仮に、その人たちが現状に目を背け「外部からは良識派と見られているポジション」に甘んじているのなら、私は政治家として罪が重いと思います。


そして彼らの党を辞めた人、去った人には組織としての方針にだけでなく、このような人たちへの失望もある事を気付いてもらいたいと思います。


私は、頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

ご報告

この度、昨年の維新の党の分裂に伴い、帰属先をおおさか維新の会と決断したことをご報告いたします。


また党からもその決断に応えて頂き、本日正式に発表されました。


理由は一つ。


当初掲げた政策・理念を保持し、この国の未来に資する政権をつくるためです。


内憂外患の日本に今求められるのは、肥大化する官僚組織と真っ向から対峙し、中央主権の依存体制を打破し、経済連携を通して主体的に国際的な繁栄と平和を築き、この国のしくみと国防のあり方を見直すためにその規範である憲法を改める覚悟です。


その覚悟を持たずにただ与党の批判票取り込みの選挙対策に終始しては、この国の政治は自民党とそのブレーキ役でしかない野党という過去来た道に戻ってしまいます。しかも昔のイデオロギーの対立に持ち込む姿勢には、この国を取り巻く状況からも不安を感じ得ません。


そもそも行うとしたら政界再編であり、その途上の手段であるはずの野党再編が目的化してしまえば単なる自民vs非自民という構図が残り、本来の大きい政府vs小さい政府、官vs民、中央主導vs地方分権、自由貿易vs保護主義といった政策軸での再編が遠のいてしまいます。


私はこれまで5年半、当初同じ党の政治家や党員はおろか親戚も同級生も誰もいないこの地で、ただ掲げた政策と理念だけを武器に賛同頂ける皆さんと闘い続けてきました。その皆さんとこれからも進んでいきたいと思います。


政治家としていま私が持つ判断基準と信念に従っての決断となりましたが、後悔なきよう道を拓くのも政治家の使命です。


どうぞ今後とも政治家小池政就を育てて頂けますようお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月31日 (日)

声なき声を拾い、仕組みを改めたい

今週の静岡新聞夕刊から。


決して多数の関心に沿ったものではないかも知れませんが、社会の歪みを伝える大変良い記事だと思います。
この件だけでなく、最近改めてメディアや民間発の「知らせる力」を感じつつ、本来それを受け止めて仕組みを再構築しなければならない政治の力不足も感じてしまいます。
政治もテレビの時代とか言われてしばらく立ちますが、視聴率至上主義ならぬ選挙至上主義では果たせない役割がまだまだ取り残されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月30日 (土)

「池田の森」が国交大臣賞に!

私の町内でエコな町並みを展開されている「池田の森」が国交大臣賞を受賞しました。
おめでとうございます!
元はゴルフ練習場だったのを、住民でシェアできる畑を中心に奇麗な住宅が並んだ、本当に住みやすそうなところです。
近くにはいつもお邪魔している天然酵母のベーカリーレストランもあり、有名になって欲しくないけど憧れのエリアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

不妊治療への政府助成は拡充ではない

街頭で声をかけて頂いた男性から、「小池さんの不妊治療への取り組み感謝しています」と有り難い言葉を頂きました。

当選時から、厚労省内で不妊治療への助成を40歳で打ち切りにするという動きを聞き、現場の声を届けてきました。

静岡の病院の先生からもお声を聞き、また私自身の同世代の夫婦がその負担に悩んでいることを感じ、政府の方針を注視していたところです。

しかし残念ながら、期待される声にはまだ応えられていない状況が続いています。

新聞でもあるように補正予算の成立で「初回の助成費用が倍になる」というあたかも拡充路線にみえる裏で、四月からは43歳以上は助成対象外とし助成回数も大幅に削減されてしまいます。

これまで一回15万円を上限に助成し、回数の上限は十回でした。それが四月以降は妻の年齢に応じて三~六回が上限となります。

確かに財政面や効率面での考慮もありますが、高齢者に三万円を単発で配り、おかしな試算に基づく公務員給与の引き上げの一方で、子育て給付金は廃止、不妊助成も縮小と、世代間や官民での不公平さがさらに開きつつあります。

「女性の活用」や「出生率1.8」とか謳うならば、目を向けるべき所はまだありますし、「財政が。。」というのならばせめて妊産期の教育等出来ることはあるはずです。

子どもは国の宝としてだけでなく、当然親にとっても幸せをもたらしてくれる貴重な存在でもあります。

晩婚化し、共働きが増え、女性の社会進出が望まれる中、子どもを授かれないことに悩む夫婦がこれ以上増えないことを祈りつつ、自分も頑張ります。

(参考)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

2016年スタート!

明けましておめでとうございます。
昨年は本当に有り難うございました。
浪人中で大厄の一年、決して順風とは言えませんが、おかげさまで何とか過ごすことが出来ました。
今年もお正月から元気にスタートしています。
大晦日には久々に実家の鐘を自ら響かせました。
940829_10156361458725641_8428924235
恒例の出初め式にもこれまで通り一消防団員として参加させて頂き、青空の下で奇麗な虹に出会いました。
21615_991940990896420_7313836711093
「 地域の安全は地域で守る」という自立心溢れる方々に囲まれ身が引き締まりました。
消防の広域化も進む中、職員、団員、市民の皆様の声に耳を傾けていきます。
私自身も「道は自分で創る」、という想いを胸に前へ進みます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«みんなの安倍川花火大会に